2018年11月4日日曜日

その12 Web漫画の産直配信とは(3)























実はこのブログ始めて以降も、
配信先が増えている。
DMM電子書籍、
♪DMMドットコム♪ で有名なとこですね。
グループのゲーム事業では、
艦隊これくしょん(艦これ)
刀剣乱舞-ONLINEなどの
超有名ゲーム出してる会社です。
マンガBANG!、
Reader Storeでも虹ケア配信開始。
マンガBANG!はスマホアプリで有名、
Reader StoreはSONYの電子書籍ストアです。

日本の大手電子書店を知りたければ
このブログに来い!って感じになってきた。
配信先リストを見るたびに、半端ないって!な気分になる。
街の片隅で、手作りの品売ってたハンクラ主が、
世界中に作品を卸すようになった感じ。

こんなシンデレラストーリーを、現実にしてくれた、
魔法使いのおばあさんが、
(株)ビーグリー(Beaglee Inc.)という会社。

細々かつ淡々と「虹ケア」を更新していたあたしに、
「お話を伺えますか?」というメールが届いた。
この時、真っ先に考えたのが
「あたし、権利侵害とかしたかな?」だったのは今でこそ笑い話。
パニック起こしながら、言い訳を考えていたのが懐かしい。

「作品をうちから配信しませんか?」
「配信って何ですか?」
「電子書籍にして売るんです。」

担当者との面会時、初めの会話はこれだった。
業界離れて久しいあたしは、頭いっぱい疑問符飛ばして聞いた。
「配信って、やったら無料公開出来なくなりますか?」
とにかくたくさんの人に、読んでもらうのが目的のあたしには、
読者が限定されることが、一番の問題だったのだ。
「何をやっても自由ですよ、うちが扱うのは配信権だけです。」

だったらよいか、と、実はよくわからないまま了承、契約書が送られてきた。
不安だったので、業界関係の知り合いに、これを見せたら驚愕された。
「ビーグリー? 最大手だよ、しかもこの契約書って…。」
非独占、しかも料率は出版社契約と同じ。つまり超絶ホワイトだったのだ。

前段で一般電子書店は、個人とは取引をしないので、
取次という会社を通さなければならないと書いたが、
ビーグリーは、取次機能も有する一般電子書店。
その上、かつてWeb雑誌を出していて、
そこに所属する漫画家さんが、相当数いるという出版機能も持っていた。
そこにあたしを所属漫画家として登録するという裏技で、
この問題をクリアしたのだ。

「あちこち配信しますからね、よろしくお願いします。」

あの時、この言葉の意味、全然わかってなかった。
あちこちって、関連会社の中の話だよね、くらいの認識。
しかし、一部上場企業、業界最大手と自他共に認める、
ビーグリーの持つ販路は凄まじかった。
本当に「虹色ケアハウス」は「あちこち」に広がっていったのだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿