2018年10月1日月曜日

その1 産直Web漫画家は新たな職業になりうるか?




上記イラストはブログ産直Web連載マンガ、
「虹色ケアハウス」
現在下記の一般電子書店で単行本配信中。

Google play ブックス
Amazon Kindle
Apple Store(iTunes)
Yahoo!ブックストア
docomo.dブック
LINEマンガ
auブックパス
フジテレビOD
楽天マンガ
Book Live!
e-bookjapan
マンガボックス
BOOK☆WALKER
セブンネットショッピング
まんが王国
コミックシーモア
DMM.com電子書籍
Reader Store(SONY)
マンガBANG!

ここで今更な解説をすると、
電子書籍を扱う電子書店には、
出版社が自社作品を扱う直販電子配信サイトと、
企業がその垣根を越えて書籍を扱う、
一般電子書店があります。
これは2018年10月現在運営中の一般電子書店、
それもメジャーどころですね。

そして当ブログの著作者である、
ともびきまなつが、
個人で配信する産直Web漫画の扱い先でもあります。
現状個人ブログ連載中の長編漫画では、
日本唯一と想定(あくまで想定)自負しております。

この度思うところあったんで、
ここまで経緯をブログにまとめて見ようと、
ついでに漫画には描ききれない由無し事を、
ぶっちゃけてみようかと。

この配信先リスト見て、
「どうやったらこんなことになるの?」
って思う人いるかもだし、
今後この道を選択する人の、
参考になればとも考えたのは事実。

現状日本の漫画業界は、いろんな意味で
末期的だと個人的に感じる事が多い。
日本全国の実書店数が2万軒を割り込み、
2018年上半期だけで14 の漫画誌が休刊。
この混乱に乗じて詐欺まがいの業者も跋扈。
まさに百鬼夜行状態。

社会経験のない漫画家志望の子供たち…
は、まあこんなブログ読まんかもだが、
その保護者に知っておいてほしい事は
山のようにある。
先達の婆として、
この立場でしか知り得ないであろう、
業界裏話を挟みながら、
横道脱線もちろんありで、
気まぐれに筆を進めていきます。

最後に自己紹介。
某4コマ漫画誌で仕事してた元漫画家。
現在はフリーの自称ウェブクリエイター。
初音ミクに声が似てる(と言われる)バイク乗り。
愛車はDUCATI696からBMW F800S。
最終学歴・コンピューター総合学園HAL
(現・大阪HAL)中退。
第四級アマチュア無線技士&介護ヘルパー2級持ち。
米津玄師さまとryo(supercell)さまを、
ネット世界の神として崇拝中。


0 件のコメント:

コメントを投稿